日能研の進学レーダーを読んでみました

どこの塾にする?

日能研の関連会社が出版している進学レーダー

日能研のオン・ザ・ロード(入試報告会)で、進学レーダーが日能研の関連会社出版だと知りました。SAPIXの「さぴあ」のように、内部生に配布されている冊子ではなく、市販されている有料の雑誌です。

けっこういいお値段がするのは、ほぼフルカラーの誌面のせいかもしれません。オン・ザ・ロードの会場で記念に買ってきました。

日能研 オン・ザ・ロード 2018(文京シビックホール)

2018.03.06

特集「はじめての中学受験まるわかり大図鑑」

進学レーダーは、特集によって誌面の内容が大きくかわるそうです。2018年度の第1号となる本誌は、中学受験の基本を知りたい方には、すごく参考になる情報誌だと思いました。

今年にはいってから、私があちらこちらでかき集めてきた情報は、ほぼこの1冊で網羅されている感じです。最初からあわてずに、この雑誌を読めばよかったです。

習い事と中学受験の両立は可能?

一番に読みこんだのが、やっぱりこの記事でした。習い事にひと区切りつける時期は、小5の秋・冬が一番多いそうです。中学受験時もやめずにつづけたお子さんが18%も!

娘が最後まで残したいというスポーツ系の習い事は、誌面に出てくるお子さんたちのように気分転換になるかもしれません。できる限り、ギリギリまで続けさせてやりたいです。

誌面によると、小4以降の習い事で一番多かったのはスイミング、つづいてピアノでした。

学校の特集がわかりやすくておもしろい

私立中高一貫校レポート、1クラス1日密着ルポという学校の特集コーナーがよかったです。

中高一貫校の特集は、豊島岡女子学園でした。言わずと知れた超人気の進学校です。勉強に厳しい学校と聞きますが、生徒さんの様子をみていると楽しそうな学校だなと感じます。

つい先日、豊島岡にいま現在お子さんを通わせている保護者の方と、お話をする機会がありました。

  • 学費が他校に比べると安い
  • 小テストが多い

という話をしながら、親からするとありがたい学校なのよと笑顔で教えてくださいました。

「お裁縫学校」なぜ東大合格、女子高トップ級に

東京大学など難関大学の合格者を急速に伸ばしている女子校がある。東京・池袋の豊島岡女子学園だ。実はもともと裁縫の専門学校だった。四半世紀前までは東大合格者はほぼゼロだったが、2016年は41人と「女子御三家」筆頭の桜蔭学園の59人に次いで女子校2位になった。

引用元:NIKKEI STYLE 出世ナビ

密着ルポに出ていた、神奈川県の桐光学園は同じ敷地内に男女別の校舎があるそうです。

教室の中では男子校・女子校で過ごし、図書館や食堂(カフェテリアと呼ぶそう)は共有で、学校行事も男女一緒にやるなんて、おもしろいなと感じます。

そういえばどこかで聞いたことがある学校名だなと思えば、クラブ活動も盛んな学校でした。

進学レーダーの学校特集は、読んでいても楽しいです。気になる学校が特集されていたら、今後も目を通しておこうと思います。

今日のブログに関連する過去の記事

日能研 オン・ザ・ロード 2018(文京シビックホール)

2018.03.06

話題の「分数ものさし」を使ってみた感想

2018.02.10

低学年の家庭学習、平均時間は何分くらい?

2018.02.08
準子
進学レーダーは、私立希望のご家庭にターゲットをしぼった雑誌みたいですね。日能研の方針なのかな。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク