水道方式ってなんですか?(かけ算 筆算の教え方)

低学年の日々

かけ算の筆算で思いきりつまずいた!

Z会の中学受験コースで、かけ算の筆算が登場しました。軽快な口調で教えてくれる算数の先生の動画を、娘はじっと見ています。

私は忙しい時間だったこともあり、練習問題に入るまで(10分弱)の間、娘を放置していました。「どうだった?」と見に行くと、不機嫌マックスな顔をした娘がいました。

「何をいっているか、まったくわからないよ」

Z会の先生は、動画の中で筆算の「手順」を説明してくれましたが「なぜ」そうするのかは、説明されていませんでした。

簡単な筆算に続いて、13×5のように繰り上がりが入るかけ算の説明に入っていきます。3問ほど「手順」についてじっくり解説されたあと、動画は終了しました。

応用問題より、娘は導入部分でつまずきがちです。かけ算の筆算も、「どうして?」「なんで?」と頭の中がクエスチョンでいっぱいになっているようです。

「どうして上と斜めにかけるの?」と聞かれても、私には教えられません。

疑問にも思ったことがない

算数が苦手だった私の記憶には、かけ算の筆算は「こういう手順」でやるもの、としか残っていないのです。なぜ上と斜めにかけるのかなんて、疑問に思ったことすらありませんから、私には答えられません。

ひとまず調べておくからといって、勉強を中断して学校へ行かせました。

娘が学校に行っている間、ググってみると私自身が「なるほど!!」と思ったやり方を見つけました。

こちらの算数教室のHPに出ていた教え方です。このHPには見覚えがあります。2年生のとき、103-25=というような筆算につまずいたとき、熟読した記憶があります。

この図に、私は感心しまくりました。なんてわかりやすい説明でしょうか。こういうタイル図をもとに説明すれば、娘も納得するはず。

娘がすんなり理解した

学校から帰ってきた娘をつかまえ、「おやつを食べながらでいいから聞いて」と言って説明してみました。「なるほど」といって、娘がすんなり理解をしたのです。

調子にのった私は、13×11=という2桁×2桁も説明してみました。あっさりクリアです。おおー!すごいじゃないか、水道方式!!

と、そこに待ったをかけたのが夫でした。出張中だった彼に「どうやって説明する?この図すごくない?」といって、上の図をLINEで送ってみました。

「図がわかりにくい、数字だけで説明できる!」

算数・数学が得意だった文系出身の彼は、このタイル図を全否定してきました。図があるほうがわかりにくいといって、手書きのメモを送ってきました。

彼が「これで理解できるでしょ」といった手書きメモはこんな感じです。

数をイメージできる人、できない人

夫の説明は、「筆算の意味がわからない」といって、心を閉じた娘を振り向かせることはできないと思います。数字だけじゃイメージができないのです。

私が「これだ」と思ったタイル図なら、娘もあっという間に理解ができました。一度、頭の中で理解・納得をした後なら、夫が書いた数字だけの図も理解できます。

このことから、明らかに「夫」と「私&娘」は数に対する理解度がちがうとわかりました。

私が説明できない算数は、たくさんあります。例えば小数点のかけ算。小数点が移動する意味を説明できません。ということは、娘がまた「どうして?」と言い出して、筆算の手順だけじゃ納得せずつまずくのでしょう。

数字に強い夫には、娘が「なぜ、つまずいているのか」を察するのはむずかしいかもしれません。早く手を打たなければ。とりあえず「水道方式」という通信教育の資料を取りよせてみました。ゆっくり考えてみます。

今日のブログに関連する過去の記事

新3年生の春期講習終了

2018.03.30

わり算につまずきそうな予感がする

2018.03.25

どこの塾の中学入試分析会がよかった?

2018.03.21
準子
夫も小学生のころ、「どうして?」「なんで?」と勉強中は疑問だらけだったそうです。彼が「このタイプは、英語につまずくで(納得できないから)」と不吉な予言をしてきました。怖いこと言わないでくれ。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク