Z会 3年生中学受験コース 5月号終了

低学年の日々

意外と慣れてきた

4月は親子でアタフタしましたが、5月号で中学受験コースのペースに慣れてきました。学習内容がしっかり身についているかどうかは、また別の話になりますが、流れについていけるようになりました。

2年生でハイレベルコースに変えたときのほうが、親子で慣れるのに時間がかかったような記憶があります。

スケジュール管理は得意

娘は典型的なコツコツ女子です。「朝6時からZ会をやるのが当たり前」という状態なので、「眠い~」とブツブツ言いつつもスタートする感じです。

準子
娘はおめざ(お菓子)を楽しみに起きてきます。

今月も1単元あたり、30分~60分ほどかかりました。算数はZ会より少しだけ、先取りをしておくようになったことが良かったです。

基本の「き」でつまずく時間がない分、問題のむずかしさにヒーヒーすることはあっても、余計な時間がかからずにすんでいます。

2桁×2桁の教え方について、必死に考えてみた

2018.04.29

Z会の中学受験コースを2か月やってみた感想

大手塾の詳しいカリキュラムがわからないので、どちらがどうだと比べることができません。それでも、算数の新しい単元への理解が遅い娘には、Z会のスピードでもついていくのに必死なのは確かです。

Z会3年生中学受験コース

国語に対する苦手意識がないだけ助かりました。これで国語にもつまずいていたら、もうお手上げだったかもしれません。

5月号の理科は、酸性・アルカリ性などが出てきました。

3年生で理科の実験をする理由

2018.05.13

家庭でやる実験ではリトマス試験紙を使いませんでしたが、課題には出てきました。もうこれを理解させるのが大変で大変で。

リトマス試験紙を買って、実験をもう一回やって自分の目でみて納得したあとは、すんなり進みました。

この先、乾電池の実験はもちろん、てこの実験も家でやってている姿が目に浮かんでブルーになります。食塩水ならいいけど、塩酸は使いたくないなあ。

演習量は不安が残る

「Z会だけじゃ演習量が足りない」という先輩方のお声が、身にしみます。もっといろんな演習をやっていきたいですが、わが家は短い勉強時間なのでどれを優先させるかに悩みます。

ただ、先輩方が「Z会は良問が多い」というのは、勉強にうとい私でもわかってきました。わが家は今、文章問題克服キャンペーン中です。

「問題を読み飛ばさない練習」に力を入れているところです。

Z会とわが家はよほど相性がいいのでしょう。娘はこの問題集のひっかけ問題に、毎回それは見事にひっかかります。

夏休みまでにこの問題集を2回やって、夏休み明けからは、3年生のグレードアップ問題集をZ会の進度と並行してやっていくのが目標です。

6月の勉強目標(Z会以外も含め)

【算数】

  • わり算の3ケタ÷2ケタを完全にマスターする。
  • 計算の順序の仕組みを理解する(娘には難易度が高そう)。

【国語】

  • 説明文に慣れる。
  • 3年生までの漢字復習をしながら、4年生の漢字ドリル(上)を終了させる。

【理科】

  • Z会の教材をぼちぼちと楽しむ(理科を嫌いにさせない)

【社会】

  • 47都道府県の場所を覚える(iPadのアプリを活用して)

朝の1時間と夕方の30分(もちろんダラダラ時間も含む)で、できるかぎり進められるよう親子でがんばります。



今日のブログに関連する過去の記事

塾の先生との相性は大きい。大きいけれど、、、

2018.05.05

難しいZ会 国語の解き方を、子どもと一緒に考えてみた

2018.04.26

エプソンのA3プリンターを買いました(PX-M5081F)

2018.03.19

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2022年度(本人・親)へ
にほんブログ村

準子
2022年度組の方が少しずつ増え始めました♪自分が引きこもり型ブロガーなので、人様にコメントを入れるのは控えていますが、皆さんの更新を楽しく拝見しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク